1. "@kentarotakahash: .@CordwainersCat @minadukiG 逆に言えば、……な表現だから人に届く、などという信念、あるいは回答を持っている時点で、その人は本当に表現をしているの?という疑問を私は持ってしまいます。その信念が陶酔的なものであるほど、陳腐なルールとして映ります。"
     

  2. "@Tabatamitsuru: 夢を忘れないうちに書いておく。本屋で立ち読みをしようとして、「日本で唯一!音楽評論家をアーティストが批評する雑誌『ミュージック・アゲインスト・クリティックス』遂に発売!」という広告を見かけ、そこに「恨みはらさでおくべきか」というキャッチ・コピーがあり、それで吹いて目覚めた。"
     
  3. ■甲秀樹展 15th Anniversary Exhibition in Tokyo 会期:9月10日(水)~15日(祝・月)  会場:CLOSET (旧 百想/吉祥寺) イベント有→

     

  4. "時の坩堝 ‏@emanatio999 
    ・自分の個人的体験・意見を語る。
    ・現在起きてる事件について語る(距離を持って)。
    ・一般論を語る。
    …これは全部分けて考えなきゃならないし、語る方・読む方も区別付いてない人もいるよね。「事件を自己に過剰に投影する」のも「個人体験を一般化する」のも注意しないと危険なのはわかる。"
     

  5. "痩せろクソデブ ‏@Lily_vitroiris
    有名になった犯罪の加害者への安易な共感は、分析的行為でもなんでもない、消費行動だ。ということに気がついた。"
     
  6. supersonicart:

    Smithe’s Supercharged Techno Illustrations (And Graffiti).

    Some recent work by master of the surrealist, robotic dreamworld Smithe.  See way more below:

    Read More

     
  7. Favourite Moomin illustrations by Tove Jansson part 4

    (元記事: happipuutarha (inu1941-1966から))

     
  8. Favourite Moomin illustrations by Tove Jansson part 3

    (元記事: happipuutarha (inu1941-1966から))

     

  9. "@MIN_go_mi_: ロックの感動する歌詞なんて聴きたくないね
    何が 君を守りたい だよ 君は悪くない だよ 死ね!やりチン!"
     

  10. "Tabatamitsuru ‏@Tabatamitsuru
    中学の頃、家の近所のライヴハウスに東京のバンドがよく来ていて、しょっちゅう見に行ってたなあ。一曲目のイントロでスーツ姿のヴォーカルが後ろを向いてたが、いざ歌おうとカッコ良く振り向いた瞬間、チャックが全開で爆笑した事もある。東京ロッカーズのバンドであるという以外、名前は明かさない。"
     

  11. "@nankuru28: 私が息子を殴らんかったのは「愛してるから」じゃない。「アタマが悪いやり方だから。可能な限り他の方法を選ぶ方が合理的との選択をしたから。」である。
    そして息子と「殴るのがアタマが悪いやり方と言う理由」を話し合う(罵りつつけると言っても過言ではない)のだ。"
     
  12. cross-connect:

    Adam Simpson, English illustrator.

    This is “Boundary Hotel Elevator”. A commission to produce an artwork to appear floor to ceiling, all 4 sides of the elevator vestibule at the new ‘Boundary Hotel’ situated on Boundary Street in London. The artwork was devised around a grid of boundary walls. Each walled segment is about 170mm square. The idea behind producing such a detailed artwork was that each journey in the elevator would give the visitor a chance to study a new scene in the artwork. A geometric toile de jouy of sorts. The conversion of the Victorian warehouse building on Boundary Street, into a boutique hotel, was a joint venture between Sir Terence Conran, Lady Conran and Peter Prescott & Partners. The hotel opened in January 2009.

    (Text from ADC Young Guns).

    (inu1941-1966から)

     
  13. rosamour:

    78年、高校生の戸川純 http://t.co/bxuy6rkNH0

    (inu1941-1966から)

     
  14.  

  15. "菊池誠 ‏@kikumaco
    特異な一例をもって全体を締め付けようとするのが日本流で、これでどんどん息苦しくなる。研究不正でもそう。不正が発覚したら厳しく罰すればいいので、「不正を未然に防ぐ」ことに血道を上げたって、ただ生きづらくなって、雑務が増えて、生産性が下がるだけ。なんでもそう"